第27回介護福祉士国家試験 問題17

 

問題17

介護福祉士制度が創設された背景にあるものとして,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 高齢化率が14%を超えて,高齢社会になった。

2 介護保険法が制定されて,新しい介護サービス提供の仕組みが創設された。

3 日本学術会議が,介護職員の専門性と資格制度についての意見を出した。

4 特別養護老人ホームの制度ができて,介護職員が必要になった。

5 高齢者保健福祉推進十か年戦略(ゴールドプラン)の策定によって,介護サービスの拡充が図られるようになった。

 

解説

日本学術会議とは・・・  なんと!! わが国の、『内閣府』における、特別機関の1つに位置づけられる、重要なものとされ、所轄は内閣総理大臣となります。

この機関は、日本の科学者の内外に対する代表機関であり、科学の向上・発達を図り、行政、産業、および、国民生活に科学を反映・浸透させることを目的として設立されました。

なんだか、これだけじゃあ、3と結びつけにくいのですが、実は、さまざまな分野に関す『提言』を 行っている機関なのですね。

さて、社会福祉士・介護福祉士法が創設されたのは、なんと、昭和62年のこと。

ということは・・・  消去法で、なんとかなるかも!!

高齢化率は、1970年頃に、7パーセントを超えたことから、1は、却下、介護保険制度の創設は2000年ですから、2も、却下でOK!!

皆さまもよく御存知の特別養護老人ホームは、1963年の老人福祉法の制定に伴って、新たな老人ホームの体系として、創設された施設となります。ただし、その職員確保のための資格では、決してありませんので、4も、却下に。

また、ゴールドプランとは、高齢社会に備えて、現・厚生労働省が、1989年に制定した国家戦略のことですね。  よって、5も、却下してよいとかんがえます。

数字、年度などが入った設問は、ひっかけ問題であることが多いもの。問題17も、まさしく妖怪だらけの、難問だったといえますね。

 
正解

3

 

 

第27回介護福祉士国家試験 午前問題
人間の尊厳と自立
1(更新)
2(更新)
人間関係とコミュニケーション
3(更新)
4(更新)
社会の理解
5(更新)
6(更新)
7(更新)
8(更新)
9(更新)
10(更新)
11(更新)
12(更新)
13(更新)
14(更新)
15(更新)
16(更新)
介護の基本
17(更新)
18(更新)
19(更新)
20(更新)
21(更新)
22(更新)
23(更新)
24(更新)
25(更新)
26(更新)
27(更新)
28(更新)
29(更新)
30(更新)
31(更新)
32(更新)
コミュニケーション技術
33(更新)
34(更新)
35(更新)
36(更新)
37(更新)
38(更新)
39(更新)
40(更新)
生活支援技術
41(更新)
42(更新)
43(更新)
44(更新)
45(更新)
46(更新)
47(更新)
48(更新)
49(更新)
50(更新)
51(更新)
52(更新)
53(更新)
54(更新)
55(更新)
56(更新)
57(更新)
58(更新)
59(更新)
60(更新)
介護過程
61(更新)
62(更新)
63(更新)
64(更新)
65(更新)
66(更新)
67(更新)
68(更新)

 

第27回介護福祉士国家試験 午後問題
発達と老化の理解
69(更新)
70(更新)
71(更新)
72(更新)
73(更新)
74(更新)
75(更新)
76(更新)
認知症の理解
77(更新)
78(更新)
79(更新)
80(更新)
81(更新)
82(更新)
83(更新)
84(更新)
85(更新)
86(更新)
障害の理解
87(更新)
88(更新)
89(更新)
90(更新)
91(更新)
92(更新)
93(更新)
94(更新)
95(更新)
96(更新)
こころとからだのしくみ
97(更新)
98(更新)
99(更新)
100(更新)
101(更新)
102(更新)
103(更新)
104(更新)
105(更新)
106(更新)
107(更新)
108(更新)
総合問題
109(更新)
110(更新)
111(更新)
112(更新)
113(更新)
114(更新)
115(更新)
116(更新)
117(更新)
118(更新)
119(更新)
120(更新)

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ