社会福祉の歴史

社会福祉制度の基本は、福祉六法。

【福祉六法】生活保護法・児童福祉法・母子及び寡婦福祉法・身体障害者福祉法・知的障害者福祉法・老人福祉法

昭和20年代に生活保護法、児童福祉法、身体障害者福祉法

昭和30年代に知的障害者、老人福祉、母子及び寡婦福祉法

昭和26年、社会福祉事業法

昭和30年代に国民皆年金

昭和45年の心身障害者対策基本法が平成5年の障害者基本法に改正

平成12年に介護保険法

社会保障の歴史

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ