うつ病


うつ病は、一般に、気分の障害を基本症状とする精神障害です。ほとんどの場合、反復性があり、通常は、病的な状態から回復することが可能であると考えられています。
原因は、厳密にはまだ特定されていません。脳の働きがある程度関わっていることは間違いないようですが、環境的な要因も大きいとされています。

症状には精神症状と身体症状の両方があります。精神症状は、抑うつ気分や興味・関心の減退、思考制止などです。身体症状はほぼ必ず現れ、食欲不振や睡眠障害など自律神経症状が中心です。そして、それらが多様な組み合わせで出現するので、実像としてのうつ病は抑うつ症候群と呼んだ方が正確です。

うつ病の症状

精神状態 身体状態
・抑うつ気分
・喜べない
・思考制止
・決断不能
・無気力
・不安
・虚しさを感じる
・無価値感
・絶望
・何ごとも悪く考えてしまう
(自分は病気ではないか、貧乏なのではないか、自分は罪深い存在ではないか、など)
・自殺したいと考える
・気分の日内変動 など
・睡眠障害
(寝つけられない 夜中に何度も目をさましてしまう 朝早く起きてしまう)
・食欲不振
・過食・拒食
・体重減少
・倦怠感
・日内変動(朝調子が悪く、夕方に回復する)
・頭痛
・頭が重い
・締めつけられる感覚
・身体各部の痛み
・動悸
・口の渇き
・嘔吐感
・便秘
・性欲減退
 など 主に自律神経症状



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ